エムズシステム

開発ヒストリー

Development History

エムズシステムのサイトにお越しくださり誠にありがとうございます!

長い間メンズファッションのビジネスに携わっていましたが、ある時アマゾンの森を守るというNGOレインフォレストジャパンの代表 南研子さんにお会いして人生観が変わり、19年半務めた会社を辞めました。
こうした出会いを通じ、本当にやりたいと思えること。「地球にとって、心やからだにとってよいものだけを取り扱う会社」にしたいと思って創業をしました。
2003年になって、波動スピーカーの開発者と出会い、そのプロトタイプと出会いました。開発者の「このスピーカーは人々の心の中にある不平、不満、不安を取り除くために生まれてきました」という想いに共感しました。

音楽が好きで、起きている間は常にBGMが必要でした。当時は音質については無頓着と言って良い程度でしたが、音のバランスや音量については周りにいる人が「こだわりが強すぎる」というほど気にしていたように思います。

コンサルティングをしながら、波動スピーカーの第1号機をオフィスで鳴らしていると、お客様がみな驚くのです。
「いったいどこで鳴っているの?」「まさかひとつで鳴っているの?」
「なんだかとても気持ちがいい」「久々にいい音でリラックスできた」
その驚く表情を見るのが楽しくて、面白くて、いつしかスピーカーの持つ魔法のような魅力に私自身が取り憑かれ始めました。

そして会社定款を「総合音響メーカー」に書き換えました。

開発者の方から「一つだけ約束を守ってください」と言われたことがあります。
「人は自分に何度も投資するものです。男性の場合なら良いスーツ。女性ならば靴とハンドバック。確かに良いスーツを購入し、それを着て出かけた日はとても気分が良く、良い波動が生じるでしょうが、どのくらいもつか。そのような投資を人生のうち何度も行いますが、そのうちの1回だけ、このスピーカーに投資してくれたなら、このスピーカーがある部屋は、その家では毎日、新しい音楽が生まれ、素晴らしい波動を発する空間になります。そうやって投資してくれるギリギリの価格が12万円ぐらいだと思うのです。「このスピーカー(MS1001)の小売価格は12万円代にしてください」という開発者の一言でMS1001の値段が決まりました。

「MS1001のオーディオ的な音の価値で言えば価格はその10倍でも通るでしょう。でもその時にはほんの限られたマニアのためのものになってしまい、世の中には広がらないでしょう。日常の自己投資の範囲でお買い上げ頂ける価格で販売して欲しいのです。目指すは一家に1台です」

確かに12万円という価格なら、何とか手の届きそうな、自己投資のうちの1回はこちらに向けてもいいような価格だと思いました。
このスピーカーがひとたび自分の生活空間にやって来れば、自然から離れ人工物によって囲まれた空間が自然な音で穏やかに整い、保たれ、居心地のよい環境へと変化し、心にもゆとりが生まれて来ます。身も心も自然な音でチューニングされて行きます。

ブランドのアパレルバイヤーの多くの経験はあったものの、スピーカーのような精密機器の『ものづくり』ははじめてなので、すべてがゼロからの積み上げでした。

この両手に軽々と収まる小さなスピーカーの豊かな音色を体感して頂く「演奏家のいない演奏会」というイベントを創業当時から全国400回以上積み重ね、ありがたいことにこのスピーカーの音色を実際にご体感いただき、少しずつファンが増えてきました。2009年から2010年にはテレビ番組で何度もお取り上げ頂き、認知度が上がって来たまさにその時、東日本大震災に見舞われました。私たちの製造アトリエや工場、そして物流センターが福島県内にあり、多くの販売代理店様も東北地方に多数点在していました。

その後多くの人のご協力やご支援に助けられ、今は兵庫県に物流センターを置き、全国へと発送しています。

エムズシステムのスピーカーは日本製です。
現在では国内数カ所の工場(というよりアトリエに近い)で熟練の工員(職人)さんの手作りで心をこめて製造されています。ほとんど楽器に近い制作です。

長く使っていただくことでさらに音の響きが良くなり、先日は10数年前にご購入いただいたご愛用者様から、「より鳴り出しましたよ」というお便りを頂きました。父から子へ手渡しされたスピーカーも多く、まさに楽器のようにできるだけ長く使って頂けるようなものづくりを心がけています。
その点で言えば、インターフェイス(接続端子)の変遷の速度といったら、それこそ1年ごとに新しい技術やフォーマットが出てきて、去年繋がったものがもう繋がらない、ということも頻出していることが多いのですが、私たちは極力長く、簡単に安心してお使いいただけるよう、世界的な共通フォーマットだけを採用し、一生ものとしてご愛用いただけるよう心がけています。これほどサステナブルな製品は少ないと思います。
外付けでご利用いただけるそうした機器に関してはなるべく外付けをお勧めし、いつまでも安心してご愛用いただくことを目指しています。

谷あり、また谷ありの歳月を重ね、ようやく企業や施設の法人への導入も拡大してきたところ2020年3月から世界を覆い始めたパンデミックはエムズシステムを直撃しました。一時は法人からのご注文は途絶え、ほとんどゼロになったこともありました。ところが、波動スピーカーの開発者が以前から言い慣わしていた通り、エムズシステムは「これからの世の中に必要なもの」として高い評価を頂くようにもなってまいりました。閉塞感漂うこの環境の中で、人々はより一層自然を求めるようになり、部屋の中や、家の中で過ごす時間が増える分だけ「自然な音」、「心とからだによりよい時間を過ごすこと」を心の底から求めるようになってきたのです。

歩みは遅く、商売が下手だと言われ続けていますが、それでもこのスピーカーに出会い、試聴されたお客様の驚く顔は10数年前と変わらず、それを見るのが楽しくて、今日もビル・エヴァンスの「マイ・フーリッシュ・ハート」を流しています。
60年も前のライブ録音が、今ここにジャズトリオの配置さえはっきりと浮かんでいるかのように感じられます。この驚きを、感動を、喜びを、面白さを、楽しさを一人でも多くの人にお伝えしたいと思います。

世界は「自然な音」で確実に心豊かな未来へと変わって行きます。

私たちエムズシステムはこのスピーカーを日本の熟達した職人さんたちにひとつずつ丁寧に作ってもらい、その製品はあたかも楽器のように仕上げられ、一生ものとして大切に愛用して頂けるものづくりを心がけています。そして開発者との約束を守り、2004年以来の価格を維持し続け、その精神と考え方を現代に、そして未来へと引き継いで参ります。

有限会社エムズシステム
代表取締役 三浦 光仁

〒104-0041 東京都中央区新富2-1-4
info@mssystem.co.jp
www.mssystem.co.jp
お電話: 03-5542-7432
ファックス: 03-5542-7431

オンラインショップ

ご注文はこちらからどうぞ

資料請求

製品カタログ、お客様の声
マスコミ掲載記事一覧 等
資料のご請求はこちらから

メルマガ登録

新製品やイベント 等
最新の情報を配信しています
ご登録はこちらから

ご試聴予約

ご試聴のご予約を承ります

お問合せ

製品やメンテナンス、イベント 等
お問合せはこちらから
お気軽にどうぞ

ショップ

資料請求

メルマガ

試聴予約

お問合せ

ショップ

資料請求

メルマガ

試聴予約

お問合せ