トップページ スピーカー紹介 お取扱店 ご注文(オンライン) イベント情報 ご感想 ブログ FAQ 会社概要
トップページ スピーカー紹介 お取扱店 ご注文(オンライン) イベント情報 ご感想 ブログ FAQ 会社概要
ABOUT US


【なぜエムズシステムをはじめたか?】

長い間務めた会社を辞め、レインフォレスト・ジャパンというNGOのお手伝いをしていました。
アマゾンの森を守るという活動から、いままで考えたことのなかった
地球規模の価値観、生命の成り立ちについて学ばせてもらいました。

「自分の事業を通じて人々の心が豊かになること・もの」
「ヒトと地球にとって良いもの」だけを販売しよう
「生命がより良くなるもの」
「ヒトや地球にとって何が大切かを考える心を育むもの」

を紹介しようと決意しました。
この時代に生まれ、より良い未来を創る為、何をビジネスの中心に置くべきかということを真剣に考えてみました。
国立市にオフィスを借りてコンサルティング事業から一歩を踏み出しました。
3年目にエムズシステムのスピーカーに出会う事になるのです。

「これはいったい何だ?」

私の第一印象です。
第一号機の周りをぐるぐると回り、首をかしげました。
こんなふうに鳴るスピーカーなど聞いたことがありません。
こんなふうに鳴るスピーカー。
出会ったとき、どんなふうに聞こえたかというと、
一言で言うと『心に響く音』でした。

皆さんは自分の心はどこにあるのだろうと、
その場所を探したことはありませんか。
心は脳の中にあるのか、それとも心臓の近くにあるのか、
丹田にあるのか。

確かに、このスピーカーから聞こえてきた音が心に響いたのです。
全身で聞いているとも言えますし、優しいエアーカーテンで包まれているようでもあるし、魂を揺さぶられているときもありました。
私はこのスピーカーの音で『心のありか』が分かりました。
耳でも全身でも聞いているのですが、一番響いてきたのは、鳩尾(みぞおち)の少し上あたりに響きました。
素敵な恋をしているときに胸がキュンとなる、あの場所です。
そこに響きました。
だから心というものはきっとこのあたりにあるのだろうと思います。
心に響く音で、『心のありか』が分かりました。
ですからこのスピーカーは『心のありか』を教えてくれる、そんな音を私に伝えてくれました。

その時のオフィスには有名ブランドのスピーカーを4台、中心に向かって設置していたのですが、このスピーカーの音色がはるかに自然に、空間全体に気持ちの良い音で満ち渡りました。
あまりに驚いている私を見て、開発者の方は
「少し預かって、聞いてみて下さい」
と仰って下さいました。

それから2カ月あまりの間に、
「このスピーカーが出来たら買います。」
という方々が10名並びました。
最初のお客様は当社の税理士先生でした。
何事にも慎重な先生が「すごい。これは作った方がいいわ!」と言って予約してくださいました。
レコーディング・プロデューサーの方も、「これはすごい」と。
誰もがまだ聞いたことのない『音の聞こえ方』に驚かれました。
まだ製品にもなっていないスピーカーを音を聞いただけで次々と予約されるのです。

それから1週間後。
開発者の方にお願いし、スピーカー作りに入りました。
会社定款もすぐに改め「総合音響メーカー」となりました。
エムズシステムの始まりです。

国立市の小さなオフィスに来ていただきながら、一人ずつファンが増えて行きました。
お礼に無料のコンサートを楽しんでいただこう、多くの方々にこの豊かな音色をお届けしたいと思い「演奏家のいない演奏会」という催しを始めました。
オフィスに3人、4人と少しずつお客さまが集まり
いつしか東京国際フォーラムやサントリーホールでも行うようになりました。

あるとき、開発者の方に聞きました。

「なぜこのスピーカーは生まれてきたのでしょう?」

そして答えが返ってきました。

「いい音を聴いてもらおうと思ったわけではないのです。 この世から、不平、不満、不安をなくしたいのです。 そのためにこのスピーカーは生まれてきました。」

心が満たされると、ヒトは自分以外の対象に心を寄せることが出来ます。
心が安らかになると、心にゆとりが生まれ、ヒトは、他者のこと、周りのこと地域のこと、社会のこと、国のこと、地球のことを考えられるようになります。

この豊かな音色につつまれ、心にゆとりができると、自分以外のことにも心が注がれて、そこから豊かな潤いの波動が世界中に満ち渡って行きます。

開発者の方のそんな想いをうけ、私たちは毎日、このスピーカーを造り、販売し、届け、広げています。

有限会社エムズシステム
代表取締役 三浦 光仁
会社概要

お伝えしたいこと

エムズシステムが目指していること

いままでとこれから

頂いたお手紙から@  頂いたお手紙からA

応援しています




戻る