Products

 Kappo 2007年 1月号
       

闊歩的逸品。


臨場感+α
スピーカーの質の高さを言うときに「臨場感」というのはいかにも陳腐だ。
だがしかし、ほかに言葉が見つからないからとりあえず臨場感と申し上げて、まずは絶賛したい。
取材・文=モリモトサトシ
写真=阿部和徳(スタジオモノリス)

スピーカーがないように感じる。
もう少し具体的に表現することを試みてみると、「そこで奏でていると感じられる、目の前で歌っていると感じられる」となる。


これも正確に違いないけれど、やはり臨場感の言い換えで終わってしまう。このスピーカーの独自性を表現した言葉とはまだまだいいがたい。
 しかも「目の前でいい音がする」といいながら、矛盾しているようだが、そのときスピーカーの存在は消えている。どこから音がしているのかわからないほど、自然に音に包まれる。こういう状態が最も気持ちよく音楽を味わえるものなのだな、と初めて知る。こんな感覚は経験がない。いわゆる名器とされてきたスピーカーの存在感の強さとはそこが違うのではないだろうか。
ちょっと次元が異なる感じがする。実際2本ではなく1本であること、軽いこと、リスニングポジションを選ばないことなど、従来の概念では語れないことばかりである。とにかくこのあたり、実際に体験していただくのが一番だ。
 ところでこの波動スピーカーという名称だが、波動エネルギーと関係があるという。波動については、昨今さまざまな分野で言われているが、この点からも注目できるようである。またこの逸品を紹介してくれた大沼さんのコメント(http://e-naruko.jp/speaker/)をぜひお読みいただきたい。波動スピーカーの”効能”なども語られている。  P023

ウィンドウを閉じる

Copyright by M's system,2006 ;All Rights Reserved