トップページ スピーカー紹介 お取扱店 ご注文(オンライン) イベント情報 ご感想 ブログ FAQ 会社概要
トップページ スピーカー紹介 お取扱店 ご注文(オンライン) イベント情報 ご感想 ブログ FAQ 会社概要
MS1001シリーズ RS0802シリーズ シュエット! カゲエ ドコデモ アンプ カスタム ハローキティ
ページTop
スピーカーの特徴
製品説明
オプション
シリーズ製品
お客様の声
接続方法
FF0801-White
FF0801-White ホワイト
注文する
試聴する
資料請求
スピーカー MS0801シリーズ
◆スピーカーの特徴
エムズシステムスピーカーは、ステージがそこに再現されるかのようなリアリティあふれるサウンドが特徴です。
深みのある柔らかく豊かな音色が空間に広がり、からだ全体を包み込みます。
作曲家が本当に表現したかった「音」、演奏家が届けたかった「音」が表現され、しっかりとあなたの胸に響きわたり、
あたかもあなたのために歌ってくれているかのような、あなたのために演奏してくれているかのような、リアルな
ライブ感を体感していただけます。
あなたのいる場・空間のエネルギーを調整し、バイブレーションを心地よく整えてくれるスピーカーです。
紙と木、ナチュラルな自然素材を利用して、ひとつひとつ丁寧に手作業で仕上げられています。
空間全体が音に満たされますので、耳だけではなく、からだ全体で音を感じ、ライブ感あふれる豊かな音に包み込まれる至福の感動を味わっていただけます。

生涯の心の友となるスピーカーを通じて贅沢な空間をお楽しみください。

これからの未来に向け、エムズシステムはスピーカーの音色を通じて、こどもから大人まですべての人々が、
心豊かで平和にバランスのとれた心の感覚を感じて頂ければと強く願っています。
【限定品】 FF0801-White ホワイト (フェイクファー仕上げ)
フワフワ好きにはたまらない。
毛足の長いフェイクファーをまとったタイプです。
■使用ユニット
インピーダンス:サイズ:160φ × 400mm
最低共振周波数:140Hz重さ:2,600g
再生周波数帯域:fo〜21kHz
付属品:木製台座 / SPケーブル 1.5m×2本
◆オプション
フック取付加工
別注生産対応で、ボディに吊下げ用の取っ手の取付けを
承っております。

通常納期にプラス1週間程お時間を頂いて取り付けています。
ご注文時に「フック付き」とお申し込みください。

※写真はRS0802
スピーカーケーブル
標準タイプの太さで、アンプの種類をあまり問わない
おすすめ品。
※ MS1001シリーズ/RS0802には標準で1.5m×2本が付属しています。

追加が必要な場合は、メートル単位でカット販売しています。
◆シリーズ製品

RS0802
(ハンド塗装)

RS0802-M メープル
(ハンド塗装 メープルカバー付)

RS0802-W ウォルナット
(ハンド塗装 ウォルナットカバー付)
※ 限定品
RS0802-Leather レザー
※ 限定品
FF0801-Panther パンサー
◆ユーザー様のお声
■Healing Room TAO築地 山崎智子 様 Healing Room TAO
波動スピーカーを聴き始めて半年になりますが、いつも音に包み込まれるという感じを受けます。肌を通して音を深く呼吸しているというか、音という「波」に静かに身を浸しているような感覚です。
私がアロマトリートメントを通してめざしていることは、お客様自身の気や波動にチューニングを合わせ、そのバランスを回復させることです。いきいきとした感覚を持ちながら日々を充実して過ごすには、「陰」と「陽」の調和が欠かせません。それがタオの教えの根本にあるものですが、現代人は見た目の快活さや素早い判断など、とかく「陽」の部分だけが注目されがちです。また、五感にしても視覚偏重の傾向があります。こうした偏りや歪みを、嗅覚や触覚などを刺激するアロマトリートメントによって整えることで、お客様に元気になってもらいたいというのが私の願い。そのためには「聴覚」も大切なポイントだと以前から考えていたのですが、コンパクトなオーディオキットではシャカシャカした音がぶつかってくるという感じを解消できず、限界を感じていました。
でも、このスピーカーに出会って一変しました。音に秘められた陰と陽のバランスというか、音の高低、大小、軽さと重さ、明るさと暗さなどが、とてもバランスよく聴こえます。そのため、音に奥行きが感じられます。トリートメントルームのどこにおいても、空間の全方向から音が聴こえてくる感じなので、スピーカーを置く位置を気にする必要がありません。しかもスピーカーが1台だけですから、場所も取りません。
このお客様には、こういう音楽が合うのではないかと思うCDをかけて出迎えるようにしていますが、すると、そのお客様とトリートメントルームの空気がなじみやすい。こちらの気のせいかもしれませんが、あれは不思議ですね。スピーカーについて話されるお客様は多くはいらっしゃいませんが、以前よりトリートメント中に眠る方が増えたということは、それだけ波動スピーカーのリラックス効果が高いということかもしれません。私にとっては、もはや必要不可欠なスピーカー。TAO越谷のほうにも、ぜひ導入したいと思っています。

■木版画家 風鈴丸 様
音に包まれる不思議体験

音というのは一体身体のどこで聞くものだろうか?このスピーカーに出会った時、そんなことを考えていました。
普通音楽を聴く場合、スピーカーから流れてくる音を楽しむことになりますが、エムズシステムの場合目の前にスピーカーがあるにも関わらず(一体どこから音が流れてくるのだろう??)と音源が特定できないのです。耳を近付けてみれば確かにスピーカーが鳴っているのですが、少し離れてみるともう音があらゆる方向から自分を包み込んでくるようで、やっぱり特定できません。それはとても不思議な体験でした。
私はオーディオや音質についてはまったくの素人ですので、専門的なことや技術的なことはわからないのですが、その分、頭で理解するというよりはただ音を感じるようにしています。以前からバイオリンの生演奏を聴くと「ああ、この音を私は鎖骨で聴いているようだ。」、チェロの演奏を聴くと「うん、この音は背骨で聴いているようだ。」と、楽器によってその音を受け取る身体の部位が違うように感じていました。エムズシステムで音を聴く時目をつぶって聴いてみると、頭・腕・お腹・ふくらはぎから足裏からと、ありとあらゆるところから音が身体に響いてきます。例えていうなら暗闇のジャングルでどこからか聞こえる太鼓の音。確かに音が響いているのにどこから来ているかわからない、体にずんとくる感じ。。。そう思うとこれはやはりスピーカーというより楽器なのかもしれません。
音の波につつまれて、自分自身が音の波の中にいる感覚をぜひ味わっていただきたいです。もちろん、インテリアとしてもキュートな形もお気に入りです。
他にもたくさんのお声を頂いています。
聴き疲れしないで、心地良くて、音色が優しくて、臨場感のある音。とにかく素晴らしかったです。(男性)
10センチスピーカーと思えない素直な音です。(60代男性)
試し聴きもせず、ネットでの情報だけで(半ば勢いで)購入したのですが、今では「買って本当に良かった」と思っています。素晴らしい音の一言です!(30代男性)
今後が楽しみです。(60代男性)
素晴らしい音に驚きました。すっかり気に入りました。(60代男性)
毎日満足して使わさせてもらってます。末永く使っていきたいのでこれからもよろしくお願いします。(20代男性)
素晴らしい音です。満足しています。スピーカー1個でよいのも素晴らしい。(70代男性)
心地良く、コンコンとあふれ出る音色につつまれる感触には新鮮な発見があります。泉の精に聴かせれば、きっと黄金の斧を差し出してくれるに違いありません!(40代男性)
音楽は肌で感じることの意味がわかりました。感動!(30代男性)
友人の家で聞いて感動しました。毎晩ゆっくりと味わいます。音の広がりが心に効きます。(40代女性)
エステでお手入れ時に使用。お客様がよく寝ています。なにしろ自然で普通。これが最高!!(40代男性)
ピアノを聴いていると素晴らしいと思う。(30代男性)
設置場所を選ばないところが良い。この大きさからは想像できない音場再現性。すばらしい。(40代男性)
Good!(40代男性)
存在感(音が鳴っている時)が限りなくゼロに近いのに、頭ではなく気がつけば心に優しく染み渡る慈愛に満ちたサウンド!(男性)
波動スピーカーで曲を聴いていると、呼吸が深くなって大変リラックス出来ます。花粉症の症状も軽くなる様に感じます。(30代女性)
お客様に「とてもいい音ですね。」と喜んでもらっております。昨日もオーディオに詳しい人が、しきりに「スゴイ!」と唸ってました!愛用させていただきます。(女性)
とても快適です。気に入っています。(30代男性)
耳にやわらかく、聴き疲れしない。(男性)
大変満足です。もっと早く購入すればよかった。(30代男性)
とにかくスゴイライブ感!宇多田ヒカルが目の前で歌ってる!音楽は耳で聴くものだと思ってたけど、体全身の細胞で味わう食べ物なんだって初めて知りました。(30代男性)
素晴らしい音で人生がより楽しくなりました。これからも頑張って下さい。(50代女性)
すごく生の音に近いところが感激でした。スタイルも見たことないですし、スピーカーとは思えない点がとってもオシャレです。(女性)
歌声!目の前で歌ってもらっているリアルな感じに驚きました!(女性)
英語自体が1つ1つはっきりと聞こえる事にびっくりしました。語学学習にも使える!!と思いました。(女性)
しばらく聞いていたらとても気持ちがよくなって、肌がサワサワ(鳥肌?)し、理由もなく笑いがこみあげてきました。(男性)
部屋のどこにいても同じように聞くことができ良かったです。特にバイオリンやフルートなどのソロは良く聞こえました。(60代男性)
素晴らしいです。仕事場の波動がよくなりました。(50代男性)
音が活きている。ライブの雰囲気がそのまま再現されている。パーカッションの音がすばらしい。(男性)
聴いていると知らずに肩こりが治ります。気分もよくなる様な気がします。(50代女性)
寄せられているユーザーの声を裏切らない聞こえです。(男性)
広がりのある音。自由を感じさせてくれる鳴り方。まさに楽器!(男性)

【接続方法】
接続はとても簡単です。

現在、アンプやコンポ、ミニコンポなどのアンプ一体型のプレイヤーをお持ちの場合は スピーカーの取り外しできるタイプであれば、かんたんに接続してお楽しみ頂けます。

ご紹介の手順は、オリジナルアンプ MS-Amp12を例にしていますが
他のアンプやコンポ、ミニコンポの場合でも、ほぼ同様の手順で接続して頂けます。
アンプやコンポ、ミニコンポの機種によって、スピーカー接続端子の形状等が異なる
場合がございますので、それぞれの機種の取扱説明書も参照しながら、お取り付けを
お願いいたします。
スピーカー接続端子の種類は、[ネジ式]、[ワンタッチ式]のどちらかが一般的です。
(MS-Amp12は「ネジ式」です)






ワンタッチ式


@SPケーブルを接続します。

背面の端子盤を確認して下さい。




Aスピーカー端子にSPケーブルを接続します。
端子のつまみを左に回し、穴が見えたらケーブルと端子の赤(+)と黒(−)の色が合うようにケーブルを通して、つまみを右へ回して固定してください。
B左右の端子にケーブルを接続します。
左右すべての端子にケーブルを接続してください。





Cアンプ側にもSPケーブルを接続します。
スピーカーに取り付けたケーブルの反対側をアンプのスピーカー端子へ接続します。
※右側(R)は右側(R)へと左側(L)は左側(L)へ接続してください。

D左右の端子にケーブルを接続します。
スピーカー側と同様に、ケーブルと端子の赤(+)と黒(−)の色が合うように接続してください。



Eプレイヤーを接続します。

オーディオケーブルをご用意
いただきプレイヤーの音声
出力(オーディオアウト)と
アンプの音声入力(オーディオイン)を接続します。
※端子とケーブルの色(赤白)を合せて接続して下さい。

FACアダプターを接続します。
電源入力端子(DC IN)にACアダプターを差し込みます。
コンセント側も差し込んで下さい。
Gアンプの電源をONにします
アンプ保護の為、ボリュームを一番左(MIN)まで回してから電源スイッチを上げてください。 LEDが点灯します。
Hボリュームを調節します。
ボリュームは9時〜12時を
目安にお楽しみ下さい。



◆使い方のご案内
テレビ用におすすめのスピーカーと接続方法について
近年、テレビの薄型化、大型化が進んで
大画面でお楽しみになっている方も多いかと思います。
ただ画面は大きくキレイになったけど、音声はちょっと…
と感じている方も、いらっしゃるのはないでしょうか?

そこで、テレビに簡単に接続できて、音声を向上するスピーカーと
その接続方法についてご紹介します。
スピーカーは、MS1001-M シリーズ、RS0802シリーズ をおすすめします。
一番の人気機種はMS1001-M(メープル)になりますが、
もし、MS1001-Mのサイズが少し大きいと思われる場合は
一回り小型のRS0802をと、ご使用になるお部屋の広さや
設置場所に合わせて、お選びいただけます。

接続も簡単です。
まず、アンプを1台ご用意いただき、オーディオケーブルでテレビと
接続します。
アンプについては、お手持ちのコンポやミニコンポで代用が可能な
場合もございます。
あとは、アンプとスピーカーをスピーカーケーブル2本で接続する
だけです。


エムズシステムのスピーカーは、空間全体に音が広がり、
お部屋のどの位置にいても、テレビの音声が聴き取り易くなります。
ユーザー様からは、ドラマや映画などの台詞や、ニュースや情報番組の
コメントが聴き取り易くなったというご感想を頂きます。

新富町のショールームへお越し頂ければ、テレビのスピーカーとの
音の違いをご体感頂けます。是非ともお越しくださいませ。
スピーカーの取り換えが可能なコンポの見分け方
お客様からのご質問で
「いま使っている、コンポ(アンプ)に繋げる事が出来ますか?」
といったご質問は、本当によく頂きます。

今回は、お手持ちのコンポ/ミニコンポやアンプに
エムズシステムのスピーカーを接続して、お楽しみ頂けるのかどうか?
どこを確認したらいいのか?

簡単にご紹介してみようと思います。

確認することは、
1) スピーカーの取り外しが可能なタイプか?
  スピーカーの取り外しが可能なタイプであれば、ご使用頂ける可能性が高いです。
  一般的な端子の形状のワンタッチ式、ネジ式の場合は取り外しが可能です。


2) スピーカーの接続端子が特別な形状をしていないか?
  スピーカーの取り外しができる場合でも、ごくまれに接続端子の形状が
  メーカーのオリジナルの形状になっている事があります。
  この場合は、エムズシステムのスピーカーの接続は出来ない可能性があります。


3) インピーダンスが 6Ω〜16Ωに対応している機器か?
  一般的なご家庭用のコンポ/ ミニコンポの場合は、6Ω〜16Ωの対応となりますので
  エムズシステムのスピーカーを接続してお楽しみいただけます。
  大型施設などのでご使用の機器で2kΩ や 20kΩなど、大きな抵抗値に対応している
  機器の場合は、残念ですがエムズシステムのスピーカーを接続してご使用してしまうと
  故障に繋がる危険があります。

お手持ちのコンポ / ミニコンポやアンプに繋げてのご使用をご検討の方は、この3点をご確認くださいませ。
レコードプレイヤーの接続方法、かんたん解説
お客様からのお問合せで、
「昔そろえたレコードを楽しみたいのですが
どうやって繋げたらいいでしょうか?」
といったご質問を頂くことがあります。
そこで、今回はレコードプレイヤーの接続方法について
かんたんにご紹介します。

レコードプレイヤーをお楽しみ頂くには、大前提として
“フォノイコライザー” という機器、またはこの機器が内蔵された
プレイヤーまたは、アンプが必要となり、大きく分けて3パターンの
接続方法がございます。

1) フォノイコライザーを使用する場合
レコードプレイヤー、アンプ共にフォノイコライザーが内蔵されていない場合は、
別途フォノイコライザーをご用意いただき、レコードプレイヤーとアンプの間に
フォノイコライザーを取付けて頂くことで、お楽しみ頂けます。


2) レコードプレイヤーにフォノイコライザーが内蔵されている場合
レコードプレイヤーとアンプを接続する際に、アンプのオーディオ入力端子(AUX)に
接続することで、お楽しみ頂けます。
フォノイコライザーが内蔵されているレコードプレイヤーの場合、多くの機器で
フォノイコライザーの有効・無効を切り替える設定がございます。
この設定を有効に設定してください。
※ 具体的な設定方法は、各プレイヤーの取扱説明書をご参照くださいませ。


3) アンプにフォノイコライザーが内蔵されている場合
レコードプレイヤーとアンプを接続する際に、アンプのオーディオ入力端子(PHONO)に
接続することで、お楽しみ頂けます。
フォノイコライザーが内蔵されているレコードプレイヤーを接続する場合は
レコードプレイヤーのフォノイコライザーを無効に設定してください。
※ 具体的な設定方法は、各プレイヤーの取扱説明書をご参照くださいませ。


戻る