トップページ スピーカー紹介 お取扱店 ご注文(オンライン) イベント情報 ご感想 ブログ FAQ 会社概要
トップページ スピーカー紹介 お取扱店 ご注文(オンライン) イベント情報 ご感想 ブログ FAQ 会社概要
今日のひとコト(社長ブログ)
  • mixiチェック

聞くという行為

■2018/10/08 聞くという行為

聞くのと、聞こえてくるのでは
大違い。まるで真逆の表現です。
意識して「聞く」(能動)と意識
しないでも「聞こえてくる」(受動)。
 
音楽を聞くのと、音楽が聞こえてくるとでは、
音楽との距離がだいぶ違うように感じられ
ます。
音楽が聞こえてくるという場合には
かなり遠くの方で音楽が奏でられて
いるというイメージでしょうか。
 
こんなふうに面倒くさい話を始めたのは
「聞くという行為」に含まれた意味の
広さと深さを考え始めたからです。
 
「俺の話を聞け」とすごんでいる人の
話の内容はともかくとして、「俺の
ことを分ってくれ」、「俺はここに
いるんだぞ」という意味で「聞け」と
言っているのだと思います。
 
「声を聞く」という場合には、もちろん
素敵な歌手の声を聞くということも
ありますが、例えば「地球の声」なんて
こともあります。この声は可聴域では
なく(耳に聞こえる周波数帯域ではなく)
もっと大きな、そして精神性に満ちた声
ということになります。
地球の声に耳を傾ける、というのは真理を
理解すると言うことかも知れません。
 
「魂の声」となれば、それこそ音にはならず、
人間の本質、命の根幹からの通信という
ことでしょう。
 
聞くという行為は聞くという能動的な
行為であるにもかかわらず、もしかすると
「受け止める」と言う言葉に置き換える
ことができるかも知れません。
 
「まずは俺の話を受け止めてくれ」
「俺のことを受け入れてくれ」という
魂の叫びに応えているのかも知れません。
 
聴覚は耳だけではなく、ヒト最大の
臓器と言われる「皮膚」を通じて機能
しています。と同時に、これは生物として
ある意味とても象徴的なのですが、
この地上に生きているという感覚を
捉える、生物として必須の感覚器、
即ち重力センサーと聴覚は同じ場所に
あるのです。
 
見るという行為は理解するという意味
にはつながりにくいのですが、
聞くという行為は受け入れるという意味に
限りなく近いような気がします。
 
さてエムズシステムのスピーカーで
音楽を聞くと、いったいどんな音が
聞こえてくるのでしょう?


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
有限会社エムズシステム
http://mssystem.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中央区新富2-1-4
TEL:03-5542-7432
------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/Ble6yi
Twitter:http://goo.gl/Va2sMe
アメブロ:http://goo.gl/uZ1tYA
YouTube:http://www.youtube.com/user/MsSystemSpeaker
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
戻る